論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

ES

トヨタ自動車のESを解説してみる

トヨタは業績の好調さからボーナスもすごいらしいですが、ベースの賃金も上がるみたいですね。羨ましい…

野村総合研究所(NRI)のESを解説してみる

東大生の人気就職先、野村総合研究所です。たしかにこの企業は東大生の優位性というのを存分に活かせそうですよね。

伊藤忠商事のESを解説してみる

何かとここの社長さんは話題になりますよね笑

本田技研工業(ホンダ)のESを解説してみる

自動車のイメージが強いホンダですが、グローバルレベルでは二輪もなかなか好調みたいです。

国際交流基金のESを解説してみる

クールジャパン推進が言われれて久しいですが、国際交流基金がその一端を担っているみたいです。

JICA(国際協力機構)のESを解説してみる

民間企業では自社の利益最大化を目標にしてしまうので、そういう組織では実行できないけれど、公共性が高く必要とされている仕事もあります。それを担う組織の一つにJICAがあります。

JETRO(日本貿易振興機構)のESを解説してみる

神戸新聞NEXT|経済|県、ジェトロと連携 輸出促進へ情報共有図る

東芝のESを解説してみる

東芝が新しい技術を開発したみたい。

ソニーのESを解説してみる

ソニーの苦境はさんざん報じられていますが、かつての栄光を取り戻すことができるのでしょうか。

三菱電機のESを解説してみる

ザ・日系大企業、三菱電機です。

JTBグループのESを解説してみる

就活生人気ランキグ1位に輝くことも多い、JTBグループです。

川崎汽船のESを解説してみる

決算は調子が良かった川崎汽船。前年同期比175.4%増ってなかなか無い数字ですよね。

任天堂のESを解説してみる

3期連続の赤字を出してしまっている任天堂。ゲームのハードとそこに乗っかるソフトを作っている企業ですが、スマートフォン活性の流れに押し負けているようです。

ミツカンのESを解説してみる

ミツカンというとポン酢で有名な老舗企業ですが、IT技術もふんだんに使っているようです。

りそな銀行のESを解説してみる

会社の魅力2位にりそなグループがランクインしたそう。

アサヒ飲料のESを解説してみる

もう飲料市場は完全に市場が成熟してきて、いかに付加価値をつけるかというところで勝負をせざる得ない状況になっています。

三井不動産のESを解説してみる

総合不動産デベロッパーの三井不動産。三菱地所と並ぶ2強。まちづくりに興味がある学生の志望度が高い企業ですね。

資生堂のESを解説してみる

大手化粧品メーカーの資生堂です。特に女の子は憧れる人多いですよね。

博報堂のESを解説してみる

平均的な博報堂社員がわかります笑

電通のESを解説してみる

言わずと知れた広告代理店最大手、電通さん。就活生からの人気もピカイチです。

富士重工業のESを解説してみる

富士重工業が絶好調の模様。

阪急電鉄のESを解説してみる

鉄道系は相変わらず人気です。勤務が関西のみとなるので、関西でずっと育った人など、関西でずっと暮らしたい人にとっては魅力的な企業なようです。

国際石油開発帝石(INPEX)のESを解説してみる

エネルギーを扱う業界というのはダイナミックで就活生にも人気がありますね。商社を狙う人の中でも、エネルギーに興味があるからという人は少なくないでしょう。

NECのESを解説してみる

NECもなかなか業績が厳しいようですが、どうなのでしょうか。

日本製紙のESを解説してみる

製糸業というと過去の業界のような気もしますが、日本製紙は調子がいいようです。

三井不動産レジデンシャルのESを解説してみる

三井不動産のグループ会社ですが、最近フェイスブックで頑張っているのをよく見ますね。人事がアクティブなんでしょうか。

旭硝子のESを解説してみる

世界最大手のガラスメーカー、旭硝子です。

ジェイアール東日本企画(JR東日本企画)のES解説から考える広告代理店の社会的価値

広告会社としては中堅ではありますが、親会社がJR東日本と安定しているからか、人気のある企業です。

あおぞら銀行のESを解説してみる

破綻した日本債券信用銀行が全身となっているあおぞら銀行です。

コスモ石油のESを解説してみる

コスモ石油って国内中心だったんですね。石油会社で海外展開していないことに逆に驚きました。