論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

アメリカ人は1人当たり6キロの贅肉を抱えている

スポンサード リンク

アメリカの医者は馬鹿なのか?―アゴラ

 

アメリカは他国と比して医療費が突出して多いのに、寿命が短いないじゃないかという話。

藤沢数希さんは最後、「健康に大切なのは、高価な医療設備や高額報酬を受け取る高度な教育を受けた専門医師ではなく、おそらくは健康的な食事や睡眠などの生活習慣なのだろう」と締めくくっていますが、この文を見て思い出した記事があります。

 

352万トン――世界の肥満の大人が抱える「ぜい肉」の総量《気になる数字》

世界の成人人口46億人の「贅肉」352万トンのうち、34%が北米のものだったそうです。

アメリカの成人人口が、

3億人×(46億人/70億人)=約2億人

北米の贅肉が、

352万トン×34%=120万トン

つまり北米の1人当たりの贅肉は、

120万トン÷2億人=6キロ/人

となります。

いやすごいですね笑

そりゃ平均で6キロもの余分な脂肪持ってたらそりゃ不健康になるでしょ、とか思わずにいられません笑

アメリカが行政を上げて肥満対策をするのもわかりますね。

 

 

f:id:kyuruppa:20120825093118j:plain

広告を非表示にする