読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

バリバリのエリートキャリアを歩みたい就活生の企業選びのポイント

スポンサード リンク

ビジネスマンとして成長して、社会にバリュー出して結果残したい、そんなワーカホリックな働き方をしたい就活生の人へ、働いてみて数ヶ月の、就活生の感覚も残りつつ社会人の感覚も持っている人からアドバイス。

基本的にベンチャーはオススメしません

「仕事の基本が身についている」学生以外は基本的にベンチャーは行かないほうがいいでしょう。
そもそも仕事のやり方がどうやって身についていくかというのは、適切な難易度のタスクをこなし、それに対して上司から良質なフィードバックを受け、自分の中で時間を書けて消化し、PDCAを回すという中でしかありえません。教育制度とか研修制度とか、そういうものは形式的なものに過ぎません。

大企業だったら上司がイケてなくても、マニュアルを通してある程度補完することが可能ですが、ベンチャーではそもそもマニュアル化されていない業務を扱うことが多いです。新卒の何も知らない状態で、マニュアル化を要する業務を行うということは、プラモデルの完成図知らないのに、部品だけ渡されて、とりあえず組み立ててと言われているようなものです。

ベンチャーも人材育成の観点から優良といえるところがあるのは事実ですが、それを就活生が判断するのは至難の業なので、それだったら大企業入った方がいいですね、基本的には。

ここまで読んで、「仕事の基本て何?」って思った人は普通に大企業行きましょう。それ聞いてそれがなにかイメージできなければ身についてないということなので。

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

広告を非表示にする