論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

JTBグループのESを解説してみる

スポンサード リンク

就活生人気ランキグ1位に輝くことも多い、JTBグループです。

旅行というレジャーに関われること、それに付随して世界の様々な国行ける可能性があるのがこの企業の魅力でしょうか。仕事自体は旅行が好きな人ならばそれに携われるのでやりがいもあるでしょうが、基本は客商売ですし、営業の会社なので数字など結果を出さなければならないようです。
憧れる就活生は多いとは思いますが、あこがれだけでは面接官に「仕事の辛さや地味さをわかってないこと」を見透かされてしまうでしょう。給料も大手企業にしては高いとはいえないですしね。
「好き」という気持ちも企業選びには大事ですが、その「好き」が本気のもので、覚悟はあるのか、一度真剣に考えて見る必要があるでしょう。

また、インターネットの発達で楽天やじゃらん、HISなどの競合が出てくる中、企業としての先行きもなかなかどうなのかなーと思ってしまうのですが、どうなんでしょうね。

さて、こういうエントリーシートでは設問の意図を把握して、いかにそれに沿った答えを書けるか、ということが大事。でも就活生の立場だとそういう意図ってあんまりわからなかったりするので、その辺を解説しますよ。

一般的なESの書き方はこちら
【学歴別】ES(エントリーシート)の考え方 - 論理と情緒と就活と。
ESをわかりやすい構成で書くコツ「状況・複雑化・疑問・答え」(考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則) - 論理と情緒と就活と。

JTBグループ15卒ES(グループ総合型)

  • これまでに力を注いだこととその中で得たもの

基本的な自己PR=学生時代にがんばったこと、ですね。以下のエントリーのようにかければよいでしょう。

面接やES全てにつながる本質的な自己PRの考え方前編:面接官の意図 - 論理と情緒と就活と。
面接やES全てにつながる本質的な自己PRの考え方後編:ー効果的な自己PRの構造ー - 論理と情緒と就活と。

  • JTBグループで実現したいこと

これも非常に典型的な志望動機ですね。JTBグループが事業を通してどのような価値を社会に与えているか、それに自分も共感するように書き、その理由を自分の経験から書ければ大丈夫です。

面接ES全てにつながる本質的な志望動機の考え方 - 論理と情緒と就活と。
志望理由で「成長したい」と言う就活生がいたら迷わず落とします - 論理と情緒と就活と。


旅行業の扉 JTB100年のイノベーション (碩学舎ビジネス双書)

旅行業の扉 JTB100年のイノベーション (碩学舎ビジネス双書)