論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

阪急電鉄のESを解説してみる

スポンサード リンク

鉄道系は相変わらず人気です。勤務が関西のみとなるので、関西でずっと育った人など、関西でずっと暮らしたい人にとっては魅力的な企業なようです。

踏切で電車と軽乗用車衝突、母子が重軽傷 阪急京都線:朝日新聞デジタル

電車の交通事故って何かとフィーチャーされやすいですし、多くの乗客を載せているので乗客に与えるリスクも当然有ります。そういう意味では風当たりが強くなりかねない企業とも言えますね。満員電車なんて常に危険な状態で運行しているわけだし…
人身事故があると、休日返上で働かなければならないそうなので、なかなか厳しいみたいですね。

さて、こういうエントリーシートでは設問の意図を把握して、いかにそれに沿った答えを書けるか、ということが大事。でも就活生の立場だとそういう意図ってあんまりわからなかったりするので、その辺を解説しますよ。

一般的なESの書き方はこちら
【学歴別】ES(エントリーシート)の考え方 - 論理と情緒と就活と。
ESをわかりやすい構成で書くコツ「状況・複雑化・疑問・答え」(考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則) - 論理と情緒と就活と。

阪急電鉄 総合職 ES

  • あなたの「人生最大の挑戦」となったことは何ですか?具体的なエピソードを交えて教えてください。(全角600文字)

自己PR=学生時代にがんばったこと、です。このエピソードを通してどんな資質をアピールしたいか考えた上で書いてくださいね。詳しくはこちら。

面接やES全てにつながる本質的な自己PRの考え方前編:面接官の意図 - 論理と情緒と就活と。
面接やES全てにつながる本質的な自己PRの考え方後編:ー効果的な自己PRの構造ー - 論理と情緒と就活と。

  • 世の中にある物や出来事で「おもしろい!」と感じているものは何ですか?その内容と理由について、具体的に教えてください。(全角400文字以内)

あなたの価値観や、どういうものに心を動かされるか、それを通してあなたが人間としてどれだけ成熟しているかを見たいのです。そのおもしろさは、社会のどういう部分につながり関係しているからか、という部分が記述できるといいですね。

  • あなたらしさを表す写真について、その内容を詳しく説明して自由に自己PRしてください。

これも一つ前の設問と基本的には一緒です。次が参考になります。

実際に写真をはらせるとは面白い設問ですね。ここでも、あなたの人柄やどんな価値観を持っているかということを見ています。
この設問では写真を先に選んでしまいそうになりますが、ここで何をアピールしたいかを先に考えてください。そしてそのアピールポイントはANAの総合職事務職として適切なものでなければならないはず。それは業務内容を調べることで見えてくるはずですが、そこが決まって初めて、それに合わせた写真を選ぶことができるのです。

写真のインパクトも、大事だとは思いますけどね。
全日本空輸(ANA)のESを解説してみる - 論理と情緒と就活と。


阪急電車 (幻冬舎文庫)

阪急電車 (幻冬舎文庫)

広告を非表示にする