論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

あおぞら銀行のESを解説してみる

スポンサード リンク

破綻した日本債券信用銀行が全身となっているあおぞら銀行です。

f:id:kyuruppa:20140222235332j:plain

商号変更以来、新興企業やノンバンク・不動産投資信託各社や、地方銀行などと提携した上での中小企業への融資および当行関連会社であるベンチャーキャピタルなど通じた取引が業務の中心となっている。
あおぞら銀行 - Wikipedia

メガバンクなどは大きな案件を撮れるのでしょうが、このくらいの規模になると中小企業やVCになるのでしょうかね。しかしあおぞら銀行がベンチャーキャピタルをやっているとは意外でした。どのくらいの規模のところに投資しているのでしょうか。

さて、こういうエントリーシートでは設問の意図を把握して、いかにそれに沿った答えを書けるか、ということが大事。でも就活生の立場だとそういう意図ってあんまりわからなかったりするので、その辺を解説しますよ。

一般的なESの書き方はこちら
【学歴別】ES(エントリーシート)の考え方 - 論理と情緒と就活と。
ESをわかりやすい構成で書くコツ「状況・複雑化・疑問・答え」(考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則) - 論理と情緒と就活と。

あおぞら銀行14卒ES AN職(オープン)

  • あおぞら銀行でどのような仕事にチャレンジしたいか理由と併せて教えてください。また、その仕事に対してあなたが発揮できる強みを具体的な経験を踏まえた上で、お書きください。 400 文字以内

この「チャレンジしたいこと」というのは志望動機、特に業界の志望動機とからめたものを書くといいでしょう。業界の志望動機はその企業が社会に与えている価値から考えると考えやすいです。上記のように中小企業に対する融資やVCが中心となっているので、それに絡めたものを書くと書きやすいのではないでしょうか。

面接ES全てにつながる本質的な志望動機の考え方 - 論理と情緒と就活と。
志望理由で「成長したい」と言う就活生がいたら迷わず落とします - 論理と情緒と就活と。

また、ここでいう強みはあなたの「資質」や価値観です。それを使って、「仕事」においてどうやって成果を出せるかということを採用担当は知りたいのです。詳しくはこちら。

面接やES全てにつながる本質的な自己PRの考え方前編:面接官の意図 - 論理と情緒と就活と。
面接やES全てにつながる本質的な自己PRの考え方後編:ー効果的な自己PRの構造ー - 論理と情緒と就活と。

  • あなたが考えるあおぞら銀行の課題を教えてください。また、その課題に対して今後あおぞら銀行はどのような取り組みを行うべきか、あなたの考えを教えてください。 200 文字以内

有価証券報告書の「対処すべき課題」や「事業等のリスク」の部分が参考になるでしょう。

http://www.aozorabank.co.jp/ir/library/2012/pdf/80_yuka_01.pdf

まだ公的資金の返済が終わっておらず、その返済のために一定程度の利益を生み出さなければならないというのはやはり京液的な課題であるといえるでしょう。一方で、「公共性」に重きをおいたビジョンを持っていることも伝わってきています。
個人的には、手堅い収益を稼げる部分を維持しつつ、VCなどでリスクを取りながらも公共性の高い案件に投資したらとは思うのですが。


あおぞら銀行の会社研究 2015年度版 (会社別就職試験対策シリーズ)

あおぞら銀行の会社研究 2015年度版 (会社別就職試験対策シリーズ)

広告を非表示にする