論理と情緒と情熱と。

就活とかキャリアに関すること多め。「考えたこと」特に、キャリアに関するエントリーを中心に掲載してます。

低消費、という僕の未来のコンセプト。

スポンサード リンク

最近思うのだけれど、僕が将来送りたい生活って、そんなにお金いらないんじゃないかと思う。
車もいらない。
公共交通機関or必要があればレンタカー。
ってことは都市暮らしを想定してるのか。
田舎じゃ車無しは無理だもんな。
持ち家もいらない。
借家で十分。
普通にご飯食べて、たまにちょっと高めの美味しいご飯を好きな人と一緒に食べて、空いた時間に素敵なカフェでコーヒー飲みながら読書して。
飲み会とかああいう派手でうるさいのはもういいや。
お酒は好きだけど、気の置けない人たちと、しっぽり飲むのがいい。
高価じゃなくても、自分がオシャレだと思う服を着て、別に派手じゃなくてシンプルでよくて。
アクセサリーもいらなくて。
結婚指輪とかもいらないくらい。
相手との合意の上であればね。
そもそも結婚とかどーなんとか思ってる僕は、結婚自体もしなくていいと思ってるし。
経済的には結婚したほうがいろいろ恩恵をうけられるんだろうけど。

最近、自分の生きがいは知的欲求を満たすことなんじゃないかって思えてきて、それが満たされている限りはまあそんな贅沢なことしなくてもいいかな、って思えてきて。
だから、ゆったりと本なりネットなりを出来ていたらいい。
どこかに遠出して遊びに行くのもいいけど、そんなのはたまにでいい。

低消費。
それがぼくの将来のコンセプト。


でもこういう僕の理想を日本で実現したいって思った時に、大企業とか、一般的に給料が良いとされている企業に入らないと難しいのなら、世知辛い世の中だなあと思うのです。

広告を非表示にする